結局最後は不倫に行き着いた

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均で3~4日かかるといわれています。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていてください。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめますね。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。近年、メールやラインで連絡を取ることが多くなりましたが、やはり浮気相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。何気なく電話していることももちろん考えられます。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。また、尾行の時に車やバイクを使うと、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。

実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、できるだけ避けましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するのがベストだと思います。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。相手が浮気をしているのではないかと思った場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。しかしながら浮気の証拠を自力で収集しようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性はあるでしょう。
ハッピーメール
その原因ははっきりしており、あなたの顔を覚えているからです。

どのような服装か確認することで浮気の事実を突き止めることができます。浮気をしているときに、分かりやすく現れるのは今までとは変わった服装です。おしゃれにはこれまで疎かったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら注意が必要でしょう。この先、浮気に進展しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的関係になることを不倫とよびます。すなわち、法律上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえません。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。